看護師の代表的な転職理由は人間関係が悪いということ

看護師が転職する理由には、様々なものがありますが、看護師という職業柄、やはり他の職業とは違う特徴的な理由が大多数のようです。

看護師の転職理由として一番多いのは、仕事が忙し過ぎるというもの。

残業や夜勤や手術が多くて忙しなかったり、休日が少なかったりしてストレスが溜まるだけでは、いくら看護師という仕事が好きで働いているからと言っても長続きしません。

そんな看護師の方は、勤務時間や休日が安定しているクリニックに転職するという場合が多いようです。

また、人間関係が悪いことを理由に転職を考える看護師の方も多いといいます。

心も身体も十分に休む暇がなくストレスの溜まりやすい環境にいれば、生活リズムが狂って余裕がなくなり、人間関係にも亀裂が生じるという悪循環があるようです。

そうした場合にもやはり、プライベートな時間を十分に確保できる職場に転職をすると環境を一新できます。

このように転職理由を少し覗いてみるだけで、看護師のストレスフルな日常を垣間見れるような気がします。

参考サイト:看護師転職の鉄人